鷹巣 肥前赤絵窯元

肥前赤絵の伝統を継承し、全て窯元自らの手描きの作品です。赤絵作家が減少するなか貴重な存在であるといえます。

作風は繊細にして優美、四季折々の花をモチーフに柿右衛門様式と同様、余白を生かした独自の世界を提供してくれます。

全ての作品が窯元自らが描くので、少量の生産しか期待できません。また1品ごとに手書きならではの微妙な違いがあり、風味を高めてくれます。

職人の真摯な姿勢には胸を打たれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました