渓山窯

大きな窯では無いが、薩摩焼の伝統を受け継ぐ貴重な作家です。分業制ではなくろくろから自社で行う為、デザインの自在性が高く、繊細な絵付けとともに独自の風合いを出している。

価格は絵付けの量に応じて決められ、決して安くは無いが、職人の膨大な手作業を考えれば、マイセンやヘレンドの手描き作品と比較すれば格安であるとも言えます。

薩摩焼の窯元は現在減少の一途であり、職人の高齢化も進み、何とか応援したい窯元の一つです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました